2018年4月5日 ジンセイ論シリーズ第2弾!! 「名」のルーツに迫る!

まさか、こんなことになるなんて…

その時は思ってもみなかった。

 

 

「桜餅ってどんな形?」

以前、島根で食べた桜餅の形に驚いたことがある。

食べ慣れた桜餅とは異なるものだったからだ。

調べてみると、桜餅には2種類あり関東風と関西風に分かれているとのこと。

「長命寺」

360fca2c007d87ad825196e2dc9e4536_s

「道明寺」

4cc3e79e740719a8333ec705d6582c84_s

 

なるほどと思いつつ「桜餅分布図」なるものを見ていた所、

衝撃の事実が!

“断然「長命寺」派”だったのが島根県と秋田県!

 

なぜ!?こんなに離れているのに!

そういえば、出雲弁と東北弁は似ている…

 

そうして方言について調べはじめると、

出雲の歴史~古代日本の歴史に辿り着いた。

 

長い旅だった。

でもなぜか清々しい。

知りたいという好奇心は、こんな所にも隠れている。

「なぜ?」を調べることで、とんでもない旅へと繋がっていく。

 

好奇心のその先へ

 

“名”はその存在を記号化したもの。

なぜ、その“名”になったのか、そのルーツを知れば

世界が変わる、自分も変わる

 

 

「本屋 旅の扉」 ブックフェア

~人生論の選書に疲れはてた書店員が選んだ~ 

『きっと答えが見つからない“ジンセイ論”』開催中!

 

シリーズ第2弾は、

『“名”のルーツを知り己を知る』

 

ブログ&FB用写真

 

  • 開催日:2018年4月5日(木) ~
  • 場 所:本屋 旅の扉 (東愛知日産 豊橋下地店内)

 

本にとっての“名”はタイトル

「えっ、どういう意味?」

と、タイトルが意味深なものや難解なもの、読んで初めて納得するものなど。

また、有名人のルーツ、モノやコト、半生を描いた本たちを集めました。

 

意味を知る前と後では、見える景色感じ方も違ってくる

そんな楽しさを味わいにぜひお越しください。

 

 

自分で考えるほかない“ジンセイ”

さまざまな角度から覗いてみませんか?

 

 

本屋 旅の扉・書店員

前のページに戻る