BOOK

2022年9月4日 本棚の本 2022.9月

2022-08-29-16-14-51-004

 

カンカンカンカン

カンカンカンカン

ガタンゴトン

ガタンゴトン

 

各駅停車の音はいつも日常の中にある。

その日常の中にも旅に繋がる糸口がある。

 

 

私鉄沿線 著/春夏秋冬叢書

この地方の日常にある、ローカル電車。
「天竜浜名湖鉄道」「名古屋鉄道蒲郡線」「豊橋鉄道渥美線」「遠州鉄道」の4つの路線の一駅一駅が、当時のまま本の中に残されている。

 

はじまりは「天浜線」。
多くは無人駅で人もまばら。そこにはどこか懐かしいと思える風情がある。昔のままの形を残すのは簡単なことではないし、そのままであり続ける努力も必要なのだ。

 

令和7年まで存続することが決まった「蒲郡線」。
地域の声で廃線をずっとずっと延ばしているのには、蒲郡の海岸線を走る“地元の足”なのだからだろう。

 

豊橋に住んでいたら一番なじみのある「渥美線」。
駅舎が変わり、景色が違ってみえてくる。懐かしさと今の新しさと感じ取れる。

 

浜松の「赤電」でローカル電車の旅はおしまい。

 

この書籍は2004年(平成16年)のもの。
私鉄沿線を片手にいっしょに旅をするのも面白いかもしれない。

 

変わっていくものと、変わらないものが共にあって、住んでいる人がいて、そこには線路がある。これからも続いていく電車と、町の風景を感じながら読める一冊。

 

2022-08-29-16-15-07-200

●本の情報…出版社:春夏秋冬叢書 発売年:2004年 ISBN:4-901835-11-4

前のページに戻る