2015年7月29日 決定版 快楽温泉201

嵐山光三郎 講談社
二十年来、嵐山光三郎氏のこの本を愛用している。仕事に一区切り付き、ちょっとどこかへ出かけようかとソワソワする時、気が付くと「快楽温泉201」を手にしている。世の中の流行り廃りに左右されない、原理原則に忠実な旅の達人の視点によるとっておきの温泉の紹介。一度でも試してみると氏の眼力の凄さに唸らざるを得ない。
<嵐山光三郎氏がよしとする温泉>
①源泉に近い湯②共同湯がある温泉③効き目がある④二十四時間入浴可能⑤個人客を大切にする宿⑥とろりとしたぬる湯の露天風呂⑦文人に縁がある湯⑧伝統的な湯⑨宿が素朴で和風⑩浴室が清潔なこと
・・・つづきは直接手に取って確かめてみてください

前のページに戻る