DIARY

2015年9月25日 「本屋 旅の扉」OPENしました!!

東三河初!“旅”をテーマの専門書店「本屋 旅の扉」本日9/25(金)に東愛知日産・豊橋下地店の中にOPENしました。
「神戸の素敵なパン屋が載った本を読んで、『うちの街にもこういう店ないかな』とハンドルを握り10分のドライブ」
皆さんにこんな身近な旅を発見し、楽しんでいただきたいと思い、様々な旅のスタイルの本を揃えました。
鈍行列車や自転車、野宿や貧乏旅行の提案。
全国津々浦々の郷土食やカルチャー、人の紹介。旅を描いたストーリーや、特色のある街の本など、700冊の書籍が皆さんをお待ちしています。
また、OPENを記念し「四十歳の転機。その先の、自分へ。」を特集。仕事や家庭だけでは飽き足らない40代の男性にとって“他者の生き様を覗き”新たなライフスタイル発見のヒントとなる書籍を特設コーナー化。『ゼロ-何もない自分に小さなイチを足していく(堀江貴文)』『246(沢木耕太郎)』『銀座広告社第一制作室(馬場真人)』等、独自の視点で提案中。
仕事の合間や通勤途中に是非お立ち寄りください!
※「本屋 旅の扉」は東愛知日産にクルマの用事が無くても、本の購入や立ち読み目的だけでも大歓迎!お乗りのクルマが日産で無くても気兼ねなくお越しください。

 

前のページに戻る