子育てお役立ちブログ

2020年1月28日 〈食のセルフケア〉ダイエットの落とし穴

こんにちは、Labnecco主宰 発酵&食育アドバイザーの廣西紘子です。

クリスマス・お正月を過ぎて、今度は豆まきの時期が近づいていますね☆

皆さまはいかがお過ごしでしょうか??

いろんなイベント続き、そして催し物が多いけど、寒くて他の日は温かくぬくぬくとした場所でちょっと甘い物をかじりながらゆったりとした時間を過ごしているのでは??(笑)

af50de801eca5986d830a7fd9833be04-300x169

そんなこんなで、少し暖かくなる時期から、いろんな雑誌でも冬太りの特集などが出てきて、ダイエットの項目も増えてきているのではないでしょうか?

 

ダイエットといえば、最近は糖質制限ダイエットや断食・有酸素運動・HIIT・カロリーオフなどなどなど~とかでしょうか?

女性は男性と違いホルモンバランスも様々に関係してきます。まず、運動や食事でもダイエットに適した時期や種類などもあり、流行りだけで流されてしまうと、その時は痩せれたとしても、リバウンドしてしまったり、時には体調を崩してしまったり、きれいには痩せれなかったりとあるのではないでしょうか?

私もありとあらゆることはかじってきました(笑)

本当に痩せて太ってを繰り返すことが多かった気がします。ストイックになればやはり痩せてはくれましたが、希望とは少し違い・・・なんてことは当たり前で(-_-;)

 

食育でお伝えしていることとして、

ダイエットしたいときは、シンプルライフに立ち返る。

これが一番です!

身体のメンテナンスもさせて頂いていますが、シンプルに生活するって結構やれそうで難しいんです。

豊食な時代にいろんな誘惑が次々とでてきて、家族がいて、友達がいて生活をしているとどうしてもシンプルから遠ざかりがちになってしまいます。

買わなくてもいいようなものをスーパーでは買ってしまったり、安さ故に買うつもりではなかったものが買い物袋に入っていたり、イベントの景品や町内会でいただいたお菓子などがあったりと。。。目の前にあって・・・で手が伸びることもたくさんあるのではないでしょうか?

糖質制限も糖質を取らずにいすぎると、今度は身体が動きにくくなっていきます。

カロリーオフだけ考えていると、今度は栄養不足などで、骨がもろくなっていったり・・・

運動で痩せようと思って過度におこなうと、女性らしいラインから少し違ってしまったり・・・

代替え食事も 偏った食材になりがちなため、便秘になったり、冷え性を誘発したり・・・

どんなダイエット法も理由があって流行るのですが バランスとやり方次第で変わってしまうので要注意ですね☆

過度のdietには落とし穴があることを確認して、行っていきましょう(‘ω’ )

 

前のページに戻る