子育てお役立ちブログ

2022年2月3日 自宅で簡単にできるカーテンの洗い方~暮らしを整える収納術~

年末の大掃除でカーテンを洗いたかったけれど、忙しくてできなかったという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は簡単にできるカーテンの洗い方をご紹介します。

 

カーテンはきれいに見えてもホコリやハウスダスト、料理の匂いなどが染み付き、見た目以上に汚れています。洗濯頻度は年に2回、乾かすことも考えて晴天が続いている日の午前中が理想的です。

2022.1.3

 

自宅で簡単にできるカーテンの洗い方

 

1.まずは洗濯表示の確認

カーテンの素材によっては自宅で洗えないものもあります。必ずカーテンについている洗濯表示を確認しましょう。

 

2.樹脂製カーテンフックは取り外す必要なし

以前はカーテンフックといえば金属製でしたが、最近は樹脂製のアジャスター付きのフックが主流となってきました。

金属製フックをお使いの方は、外してからでないと洗濯できませんが、樹脂製のフックの場合、取り外さず洗濯することができます。

 

DSC_0870

フック部分を内側になるようにたたみゴムで束ねる

 

DSC_0871

束ねた部分が内側になるようにたたみ洗濯ネットに入れて洗濯機へ。

 

3.洗濯機を回すときに注意するポイント

□ おしゃれ着洗い洗剤がおすすめ

普通の洗濯洗剤に比べて生地への負担も少なく、縮みや風合いを保てます。

 

□ 手洗いコースで脱水は短く

「手洗いコース」や「ドライコース」など脱水時間が短く弱水流で洗えるコースを選びましょう。

 

洗濯機で脱水後は、シワにならないようにすぐに取り出して干します。干し方は、カーテンレールに元通りに吊るし、手で軽くシワを伸ばして自然乾燥です。

樹脂製フックをお使いの方はぜひ試してみてくださいね。取り外す手間がない分、カーテンの洗濯が楽になります♪

 

収納や手放し方のコツを発信中

 

 

 

 

 

 

前のページに戻る