2018年12月1日 『自分のこだわりに妥協はしない』

ギター

音楽は人生そのもの。ギター✕名古屋の魅力をお伝えします。

愛知県はものづくり王国だと言われていて、その中でも名古屋を本社としていて「楽器」を扱う会社が意外にも沢山、昔から多くあります。楽器は沢山の種類がありますが、特に「ギター」はとても身近なものです。

今回、ギターを取り上げたい理由は、ギターって【青春の楽器そのもの】だからだと思うからです。

覚えていますか!?読者の皆さんが、若き青春時代の頃にバンドブームがあり、バンド演奏の音楽が流行りましたよね。198X年~199X年の頃、とか。その頃の時代の流行や気分と、流行った音楽に影響されてギターを始めた人も多かったのではないでしょうか。

音楽って、聴いていたその頃の出来事と共に記憶していて、その音楽を聴いた時にその頃の出来事や気持ちを思い出させてくれるものだと思います。まさに人生を共にしてくれるもの。

そんな素敵な音楽を創り出す大切な主役の一つであるギターは多くの人にとって身近であり、愛知県がものづくりの町だからこそギターに対する店主たちのこだわりや楽器に対する思い、青春時代の懐かしい空間を感じることができます。

ギターの音と人生を奏でる名古屋に足を運んでみてください。

 

GS.1

GOLD STAR 松原崇さん

<PROFILE>

2011年 GOLD STAR OPEN

師匠との出会いで店を持つことを決意

幼少期から姉の影響でピアノを習っていましたが、中学生の時に親の勧めでギターを始めました。学生時代にはバンドを組んで活動していました。元々会社勤めをしていましたが、そこでの出会いが自分を変えてくれました。それはBig City Guitarsの大町さんとの出会いです。大町さんとは同じ会社でギターの話をよくしていました。大町さんが店を出すという夢を叶える姿を見て、自分もやってみようと決意しました。大町さんと私の関係は出会った頃から今も師匠と弟子の関係です。

暇つぶし歓迎! ~ 様々な人が集まる場所

主な年齢層は30〜40代。9割は昔からギターをやっていた人で、残りの1割は他の楽器を弾いている人や、新しく始める人です。またスタジオで練習している人や年に1回ほどライブを行なっている人など、趣味でギターを楽しんでいる人が多く来店されます。何か目的を持ってくる人だけではなく、実は暇つぶしに来る人も多いんです。様々な人が集まる場所になれているのはすごく有難いし、楽しい気持ちになってもらえる店にしたいという想いが伝わっている証拠なのかもしれないですね。

ギターの魅力を体感できるようなこだわり ~ 意外と見た目が大切!

こだわりは、店に置いている商品を常にベストな状態にして誰もが弾きやすいようにしていることです。来店した人たちが楽しく弾いてもらえるようにしたいという想いから一番気をつけていることです。

また、置いている商品そのものにもこだわりがあります。それは、ギターの魅力でもある「弾いて」楽しむだけではなくて「見て」楽しむことができる商品を置いていることです。見て楽しめるということは具体的に言うと、ギターの形がたくさんあることです。また、ギターの9割は木材でできているので、天然のものを使用しているからこその魅力があります。一つ目は天然のものだからこそ、使っていくほど変化していってギターに深みが出ることです。

長く使うほどギターに愛着が湧きます。二つ目は木の模様がまったく同じものがないことです。天然のものだからこその魅力であり、様々な角度からギターを見てみることで表情が違い、新しい発見をすることができます。

GS.2

お客様に合わせて提供する

お客様とはギターの話をメインしますが、会社や家庭のことなど世間話も多いです。お客様とのコミュニケーションから繋がりを大切していきたいと思っています。だからこそお店の都合でお客様に何か買ってもらうように商品を売るのではなく、お客様の本当に求めているものを売りたいと考えています。

 <編集後記>

松原さんが怖いという噂を聞きましたが、実際にお会いしてみるととても優しい方で、お話している時の目線がすごく印象的でした。しっかりと言葉を受け止めながら丁寧に答えてくださいました。松原さんの受け答えがお客様を引きつけていると感じました。

前のページに戻る